花枝の三味線ブログ

高知で三味線の演奏・指導をしている花枝のブログです

第58回ビクター名流小唄まつりにて「市丸賞」受賞いたしました

f:id:hanaekiryuin:20180713103049p:plain

こんにちは、花枝です。

 

先日、東京の三越劇場で行われました「ビクター名流小唄まつり」におきまして、嬉しいことに”市丸賞”を受賞いたしました。

 

小唄の演奏会&コンクール

先日もこの記事でお伝えしましたが、2018年7月10日、東京三越劇場(日本橋)で行われました「ビクター名流小唄まつり」に出演致しました。

www.hanae-chiritote.com

 

この演奏会では前半の1部がコンクール形式になっており、私はそのコンクールにエントリーしていました。

受賞者は

  • 市丸賞(1名)
  • 優秀賞(若干名)

が選ばれます。

f:id:hanaekiryuin:20180713104536j:plain

パンフレットの一部

 

「市丸賞」の”市丸”の意味

いわゆる”一位”に位置する”市丸賞”なのですが、

「”市丸”ってなに?誰かの名前??」

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

市丸(いちまる)とは、昭和に活躍した小唄の名手であり、ビクターの専属アーティストだった女性の名前です。


三味線ブギウギ 市丸


市丸 ~茶切節~

小唄のレコードはもちろん、歌謡曲の「三味線ブギウギ」もヒットし、まさにビクターの花形だった市丸さん。

その市丸さんのお名前を取り、「市丸賞」という賞が設けられました。

 

ロックの世界に例えると、ロックミュージックのコンクールで「ローリングストーンズ賞」があったり、グランジ界でグランジ音楽のコンクールがあったら「ニルヴァーナ賞」があったりするような感覚(?)でしょうか。

「小唄」の世界において、市丸さんはパイオニアであり、代表的な存在の方です。

 

7月10日三越劇場にて

私は前日に東京に入っていましたが、なかなか東京が暑い!

高知は先だっての豪雨のこともあり、随分久しく晴れ間を見ておりませんでしたが、東京につくとかんかん照り。暑くてびっくりしました。

 

当日はこのような素敵なデザインのパンフレットも配布されていました。

f:id:hanaekiryuin:20180713104224j:plain

小唄まつりのパンフレット



第一部の「市丸賞選考」

私が出演したのは第一部の市丸賞選考(コンクール)の部です。

f:id:hanaekiryuin:20180713104640j:plain

パンフレットの一部(市丸賞選考対象)

5番の

  • 花おぼろ
  • お互いに知れぬが花

を唄いました。

 

2時前ごろに結果発表&表彰式

一部の演奏は11時から12時ごろまででしたが、それ以降は過去の受賞者の皆さんの演奏などがありました。

13:45ごろに結果発表と授賞式があり、お家元様や先輩、見に来てくれた友人たちと一緒に客席に座理、ドキドキしながら結果を待っていました。

 

結果は…

嬉しいことに「市丸賞」をいただくことができました。

f:id:hanaekiryuin:20180713105233j:plain

授賞式の様子(友人撮影)

こんなにドキドキ、緊張したのは久しぶりのことでした。隣で見ていらっしゃった先生も

「花枝さん、緊張してますね!表情がすごく硬いですよ!」

とおっしゃっていました。ガチガチだったんだと思います。

 

名前が呼ばれた時は信じられなくて、思わず

「はい!(?)」

と大きな声で返事をしてしまいました。

恥ずかしいやら嬉しいやら信じられないやらで、つい小走りで壇上に上がってしまって、司会の方から

「慌てないでゆっくり上がってください。」

と言われてしまいました。

 

会場に張り出される結果発表

授賞式が終わった後、会場のエントランスや楽屋にはこのような紙が貼り出されました。

f:id:hanaekiryuin:20180713105409j:plain

結果発表の紙(手書きが嬉しい)

結果がわかった後に、手書きで名前を書いてくださっています。
嬉しくて持ち帰ってしまいました。

 

友人の応援と師匠からのメール

本番は割とのびのび唄えたのですが、本番前に楽屋で一度声出し(リハーサルのようなもの)をした時は緊張のあまり張り切りすぎて、声を大きく出しすぎていました。

三味線を弾いてくださっていたお家元様からもこんな一言が。

「花枝さん、もう少し声を落ち着かせてね。」

 

と、その後すぐに届いた高知の師匠からのメールを読むと

『あなたは本番になると張り切り”過ぎる”ので、いつものお稽古のように唄いなさいね。』

という内容でした。

このメールのおかげで、もっと気軽にのびのびと唄えるようになったのではないかと思いました。

 

そして、嬉しいのは友人の応援でした。

平日の忙しい中、時間を作って見に来てくれる友人がいたことが、何よりの自信に繋がったと思います。

 

今はまだ頭の中が色々整理しきれていませんが、受賞に関して思うこと・気づいたことも色々ありました。

そういったこともまた書いていきたいと思います。

ひとまず、「市丸賞」受賞本当に嬉しいです!ありがとうございました。

 

関連記事

 

www.hanae-chiritote.com

www.hanae-chiritote.com

 

カテゴリー別メニュー

f:id:hanaekiryuin:20180123133429p:plain f:id:hanaekiryuin:20180123133426p:plain f:id:hanaekiryuin:20180123133424p:plain f:id:hanaekiryuin:20180123133417p:plain f:id:hanaekiryuin:20180123133412p:plain

 

最新記事一覧