花枝の三味線ブログ

高知で三味線の演奏・指導をしている花枝のブログです

3、”CRプログラム”の道に進むまで

f:id:hanaekiryuin:20181024142952p:plain

こんにちは、花枝です。

今回はアメリカのディズニーで働ける「CRプログラム」との出会いまでを描いてみました。

 

思えば中学・高校と三味線ばかりの日々を過ごし、卒業後も仕事も三味線を選んだ私が、どうしてアメリカのディズニーで働きたいと思うようになったのでしょうか…。

 

 

”CRプログラム”との出会いとは…?

f:id:hanaekiryuin:20181024143056p:plain

 

f:id:hanaekiryuin:20181024143110p:plain

 

f:id:hanaekiryuin:20181024143128p:plain

 

f:id:hanaekiryuin:20181024143149p:plain

 

f:id:hanaekiryuin:20181024143205p:plain

 

 

f:id:hanaekiryuin:20181024143226p:plain

 

 

20代の後半戦をどう過ごすか悩んだ時期

”CRプログラム”

という一つの選択肢に出会い、応募を決めるところまで描きました。

 

振り返ってみると、プログラムそのものを知ったのが27歳の時、実際に応募したのが28歳、実際に渡米したのは29歳の時でした。足がけ3年!

 

27歳の時に、プライベートなことでもかなり悩んでいることがありました。今だからこそ恥ずかしがらずに言えるのですが、その悩みのトピックとは

結婚

仕事

のことでした。

 

「結婚」に関しては、「●歳までに結婚しなくちゃ…」「結婚できない私は劣っているんじゃないか?」と思うこともあり、また「仕事ばっかりしていて結婚しないのって、いいのかな?」と思うこともありました。

 

「仕事」に関しては、もちろん好きなことを仕事にできているという喜びはあったのですが、収入の面と自立してこの先もやっていけるのかという部分にかなり不安はありました。芸の世界での人間関係に対して、うまく立ち回れない自分を嫌に思うこともあり、トータルで見れば相当不安を抱えていました。

 

20代の後半戦になると多くの人が悩むように、私も「30歳までの残りの年数をどう過ごしたいか?」を考えて、道を探していた時期だったように思います。

 

 

カテゴリー別メニュー

f:id:hanaekiryuin:20181024122407p:plain f:id:hanaekiryuin:20181024122415p:plain

f:id:hanaekiryuin:20181024122422p:plain f:id:hanaekiryuin:20181024122428p:plain

f:id:hanaekiryuin:20181024122436p:plain f:id:hanaekiryuin:20181024122442p:plain

最新記事一覧