花枝の三味線ブログ〜小唄の師匠は考えた〜

高知で三味線の演奏・指導をしている花枝のブログです

ディズニーランドの還暦祝い【カリフォルニア・ディズニーランド】

f:id:hanaekiryuin:20170719112458j:plain

こんにちは、花枝です。

 

先日友人のプレゼント用に、アメリカのディズニーで働いていた時の写真を編集していました。

そんなこともあってか、私の中でディズニー熱がいつも以上に高まってきているので、ディズニーランドの60周年のことを書きます。

 

2015年はカリフォルニアのディズニーランド60周年だった!

私がアメリカのフロリダ州、オーランドのディズニーワールドで働いていたのは2015年〜2016年でした。

なんと!2015年はカリフォルニアのディズニーランドが開園60周年という記念の年でした。

 

ディズニーは毎年お祝いしているようなものなのですけれど、さすがに5の倍数の年はいつもより盛大にお祝いしています。

 

特に60周年は「ダイヤモンドセレブレーション」、というお祝いの年でした。

これは結婚60周年を「ダイヤモンド婚」と呼ぶのと同じ感覚です。

 

私は60周年と聞くと、"還暦!"というイメージがあります…!

 

近いから行っちゃえ!2回行っちゃえ!!

私が住んでいたフロリダ州・オーランドからカリフォルニアまでは飛行機で5時間ぐらいの距離で、航空券も往復で300〜400ドル(3〜4.5万円ぐらい)でした。

 

「これほど気軽にカリフォルニアに行ける機会はないかもしれない!

しかも、ディズニーランド60周年の年にまさか自分がディズニーキャストをしているだなんて…!

これは…行くしかない!!」

と思いたち、有休を取って7月と8月と続けざまにカリフォルニアへ遊びに行きました。

気軽に有給が取れる、良い職場でした。

 

ディズニーキャストの特権が最大限活かせた旅行

7月と8月の滞在中、合計で4回ディズニーランドに入園しました!

入園料は普通に2デーパスを買うと200ドル前後ほどかかるのですが、今回の滞在は毎回無料でした。

 

なぜかというと、ディズニー社の福利厚生を使ったからです。

 

当時私はディズニーで働いていたので、ディズニー社の社員証を持っていました。(もちろんディズニー内で働く人は全員持っています。)

「なんとこの社員証があると、どうやらディズニーランドは無料で入れるらしい…?!」

という話を聞き、入場時に提示して無料で入れてもらえたのです。

 

おそらく今は通用しないことなのですが、当時はまだ対応可能だったのと、対応してくれたキャストのご厚意もあって、無料で入れました。

 

あの時のキャストさん、ホント〜にありがとうございます!!

 

f:id:hanaekiryuin:20170719112615j:plain

<60周年のお菓子。テーマカラーに沿ってか青いのでちょっと美味しくなさそう…>

 

世界で一番最初のディズニーランド

カリフォルニア州・アナハイムにあるディズニーランドは、世界で一番最初にできたディズニーランドです。

そして、ディズニーの創立者であるウォルト・ディズニーが開園を見届けたパークでもあります。

f:id:hanaekiryuin:20170719112451j:plain

<ディズニーランドのエントランス。60周年のデコレーションが綺麗です。>

 

敷地面積の問題もあり、少しこぢんまりとした作りのディズニーランド。

ランドマークであるお城も、シンデレラ城ではなく

f:id:hanaekiryuin:20170721030844j:plain

<こちらはオーランドのシンデレラ城>

 

カリフォルニアのディズニーは、あまり高さのない眠れる森の美女のお城。

f:id:hanaekiryuin:20170719112458j:plain

このいかにもおとぎの国然とした佇まい…。

可愛らしいですね。

 

アトラクションは60年前から稼働しているものもあり、建築物の年季の入り方もとても雰囲気があります。

 

60年とはいえやはり”伝統”は感じる

開園から60年…

60年なんて短い!と思われるかもしれませんが、世界の中では最も古いディズニーパークです。

 

私は当時ディズニーワールドで働いていたので、散歩感覚でディズニーランド(ディズニーワールド内では”マジック・キングダム”というパーク名が付いています)に行っていました。そして、パーク内の景色も見慣れたものでした。

でも、やっぱりこの最も古いディズニーランドを見て…

「うん、やっぱり本家は違うな!」

と感じました。

 

それは今でもうまく言葉に表現できないのですが、ディズニーランドの佇まいに私は”伝統”を感じてしまったのではないかと思います。

f:id:hanaekiryuin:20170719112446j:plain

〈ウォルト像とライトアップされたお城〉

眠れる森の美女のお城、広すぎないパークの作り、ウォルトが愛したニューオーリンズの街並みを再現したストリート…

そういったものに60年間の積み重ねと伝統を感じました。

 

新しいディズニーの魅力も満載だったけど!

もちろん、クラシックな魅力だけではなく、新しいアトラクションや新しいディズニーキャラクターもたくさんいました。

伝統と革新のディズニーランドですね。

f:id:hanaekiryuin:20170719112610j:plain

<現代っぽい!!キャプテンアメリカとのグリーティング!とても爽やかでした!>

 

f:id:hanaekiryuin:20170719112433j:plain

<夜のパレードの”アナと雪の女王”のフロート。今はもうアナ雪全面押しなんだよな〜。>

 

f:id:hanaekiryuin:20170719112441j:plain

<ディズニー作品で一番好きな「カーズ」のフロート。>

 

多分この気持ちは東京でもパリでもオーランドでも感じられない

これからディズニーランドは70周年…80周年…と記念年を重ねていくと思います。

もちろんそれと一緒で、東京だってパリだって、オーランドだって年月を重ねていきます。

 

その時になってみたいとわかりませんが、この60周年で感じた気持ちは少なくともまだ東京やパリのパークでは感じられないし、オーランドのパークにもまだ感じられないと思います。

 

ディズニーランドが100周年を迎えるころ、私は70代のおばあさんになっています。

その時まで元気で居たいですし、この時に一緒にディズニーランドに行けた友人と、ゆっくり遊びに行きたいと願っています。

やはり、この時の旅が特別に感じたのもディズニーのおかげだけではなく、隣で笑っていた友人の笑顔があったからだと思うからです。

f:id:hanaekiryuin:20170719112731j:plain

<パーク内のゲームで童心に帰っています。>

 

ディズニーランド100周年を友人と一緒に祝う…

これは私の人生の中の、一つの夢でもあります。

 

 

関連記事

★ディズニーワールド就労の思い出(一部) 

www.hanae-chiritote.com

www.hanae-chiritote.com