花枝の三味線ブログ〜小唄の師匠は考えた〜

高知で三味線の演奏・指導をしている花枝のブログです

小唄のお稽古に行ってMARVEL展へ行ってきました〜東京桜物見遊山〜

f:id:hanaekiryuin:20170413205124j:plain

こんにちは、花枝です。

 

先週から桜が満開、見頃を迎えています。

今週月曜日から水曜日まで、小唄のお稽古で東京に行ってきました。

 

東京はいいお天気だったが…!

月曜日の東京は曇り空…。少し太陽も顔を覗かせていましたが、肌寒い風の吹く日でした。

桜は満開。

美しい桜の花びらと、今年入ったばかり?のような学生さんの集団が見えて、春らしさを感じました。

f:id:hanaekiryuin:20170413205124j:plain

(四谷の桜)

 

ただ、翌日の火曜日は…近年稀に見る雨だったそうです。

雨だけならまだしも、夜からは強い風も吹いていましたので、せっかくの桜も火曜日の雨でかなり散ったのではないでしょうか。

 

水曜日は眩しいほどの晴れ間でした。

桜も火曜日の雨でかなり散ってしまったのかな?と思いましたが、実際に街を歩いてみるとまだまだ桜の花はたくさん残っていました。

 

着物での移動は天候次第

今回は着物で東京へ行くことになったのですが、着物の移動には今の季節はちょうど良いです。

「遊山」

という言葉があるように、今の季節は本当にお出かけに最適な季節です。

 

着物も一見暑そうに見えますが、まだまだ今ぐらいの季節だと涼しい顔をして着ていられます。

 

ただ、今回は

  1. 日目→曇り(しかも高知は雨)
  2. 日目→雨、強風
  3. 日目→晴れ

と、かなり…天候にばらつきがありました。

 

そうなると、着物は雨具を持っていかなくちゃいけないし、傘もちょっと大ぶりの折り畳み傘をもっていかなくちゃいけないし…

と、かなり荷物が大変でした。

最後の最後で、ノートパソコンを持っていくのを諦めましたが、今思えば大正解だったと思います。

 

今回の小唄のお稽古

今回の東京は、小唄のお稽古がメインでした。

今回お稽古した小唄は合計で4曲。春らしい曲、お祭りの風情を感じる曲などをお稽古していただきました。

 

上のTwitter画像は「田村」という小唄の一節です。

私は「田村流」という小唄の流派でお稽古していますが、その田村流の曲でもあります。

 

お稽古の合間に…MARVEL展へ!

2日目のお稽古までの時間が空きましたので、六本木ヒルズへ行ってきました。

これはもう、行くつもりはなかったのですが、たまたまヒルズに入ると…!

MARVEL展が開催されていたのです…!

 

 

このエントランスの実物大ハルクとアイアンマン!

重量感がすごいですよね!!!

 

f:id:hanaekiryuin:20170413211108j:plain

HOT TOYSのフィギュアの展示も盛りだくさんでした!

 

f:id:hanaekiryuin:20170413211143j:plain

二階から撮影した実物大フィギュア

 

そして!MARVELといえば…この最新作!

そう!ガーディアンズオブザギャラクシー!!

最新作も本当に楽しみです…!

 

六本木へは寄稿でお世話になっている、株式会社ninoyaさんの事務所へ行ったりもしていました。

雨の中、しかも突然の訪問にもかかわらず対応してくださって、本当にありがとうございました。

 

歌舞伎座へ行ったらビックリな新興行が…!

あと、個人的に行ってみたかった古本屋が歌舞伎座の近くにあったので、歌舞伎座にも寄ってきました。

 

歌舞伎座へは実は初めて入りましたが、開演前に着いたので

  • 鑑賞前のお客さん
  • 外国人環境客の団体さん

で、かなりごった返していました。

お弁当屋さんの混雑具合は筆舌に尽くしがたいほどです。

 

面白いなと思ったのが、こちら。

chokabuki.jp

初音ミクと歌舞伎が融合しちゃってます。

ワンピース歌舞伎もすごいと思ったけど、初音ミクが歌舞伎役者として演じちゃうんだもんな…

Gorillazのライブ見てるみたいな感じになるんでしょうか…気になります!

 

やっぱり東京は都だなあ…

私はかつて有楽町の交差点で

「東京ほんまツラい!」

と口に出してしまったほど、都会に馴染めない芋のような女です。

 

「東京に住んでいる」

ということは…私から見れば、ある種の尊敬の念すら感じます。

 

人の多さや、ちょっとごみごみしていて長くいると神経が病んできそうですが、それでも東京に住むことで得られるものはものすごく多いだろうし、チャンスの多さや成長のきっかけも地方よりかはずっと多いと思います。

 

芸を”磨く”なら都会だなと思います。

でも、長く生きて芸を”楽しむ”のは…都会だとちょときつそうかな…

…今回の東京訪問ではそう感じました。

(まあ、慣れていないからそう感じるんでしょうし、都会で楽しめる芸もあるんでしょうけどね。)

 

これからはお稽古のため、定期的に東京に足を運ぶことになりそうです。

せっかく行くのだから、貪欲に吸収していきたいですし、これからの三味線や小唄の発展のために面白いことができればなあと考えています。

 

関連記事

★ワンピース歌舞伎についての感想 

www.hanae-chiritote.com

 

★ワンピース歌舞伎の感想もうひとつ!

www.hanae-chiritote.com

 

 

★株式会社ninoyaさんへの寄稿・第一回目(懐かしい!)

www.hanae-chiritote.com