読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花枝の三味線ブログ〜小唄の師匠は考えた〜

土佐の高知で三味線の演奏・指導をしている花枝のブログです

ジョジョの登場人物は他人のスタンドを羨ましがらない

f:id:hanaekiryuin:20161209084920j:plain

公開日:2016年12月15日/更新日:2017年4月3日

 

こんにちは

ドイツで三味線を弾いています、花枝です。

 

ドイツの朝やけ。綺麗ですねえ。

 

今日は、A1理論さんによる「A1理論はミニマリスト」よりこちらのエントリを拝読し、感じたことがあったので少し書かせて頂きます。

okite.hatenadiary.jp

 

このアイキャッチ画像のジョジョイラストめっちゃ素敵!

と…いうことも、もちろん思ったのですが!そこだけど、そこじゃない!!

 

「ジョジョの登場人物は他人のスタンド能力を羨まない…?」

というところから、他人を羨むよりも自分の能力が活かせる戦い方を見つけることの大切さを考えてみました。

 

 

 

グッときた!A1理論さんの一言

A1理論さんは本文の中で

世の中、『努力』や『根性』ではないと僕は思う。

すべては自分がどういう『能力』を持っているか?

だと思う。

 と書かれていました。

(本文はこの話がメインではないと思うのですが、この部分が本当に響いたんです…!読みが浅くて申し訳ないのですが…。)

 

この言葉にポン!と膝を打ちました!

そしてアイキャッチのジョジョのイラストを見て…私はあることを考えました。

 

「それって、ジョジョのスタンド能力に近いような…?」

  

スタンド能力に上下や人気や貴賎はあるか?

「ジョジョの奇妙な冒険」

今年30周年を迎え、数多くのファンを抱えるジャンプ漫画の大御所です。

 

私ももちろんジョジョの奇妙な冒険の大ファンです。

初めて読んだのは、忘れもしない4部。好きなのは2部です。

 

さて、ジョジョのスタンド能力は色々あります。

ジョジョ好き同士が集まるといつも話題に上るのが

「どのスタンド使いたい?」

という話。これは盛り上がります。

 

私は個人的にデザインも含めて「グレイトフル・デッド」を使いたいなと思っています。でも、どこで使えばいいんでしょう?!

あとは、5部に偏ってしまうのですが「セックス・ピストルズ」も賑やかでいいだろうなあと思うのですが、銃持っていないしな…。

こんなことを考えたり話しているうちに、時間が経つのを忘れます。

 

さておき、ジョジョの中でも重要な位置を占めるスタンド能力ですが、その能力によっては

「ん?このスタンドって使える能力なのかな…??」

と思う能力のものもあります。

 

そこまでは思わなくても、

「このスタンドだったら、こっちのスタンドの方が良いよな…。」

と思うことは、けっこうあるのではないでしょうか。

 

ジョジョの登場人物は他人のスタンドを羨ましがっているか?

ですが、ジョジョの登場人物では一人たりとも

「ああ、俺のスタンドがあいつのスタンドみたいだったら…。」

などと思っていないことに気づきました。

 

誰かが他人のスタンドを羨ましがる描写が一切ありません。

(と記憶しているのですが、いかがでしたでしょうか?)

 

それは主人公だけではなく、どんな敵キャラにも共通していることです。

敵キャラも決して

「あいつに比べて俺の能力は…。」

と、誰一人卑屈に思っていないですよね?!

 

これはとても示唆に富んでいる表現だと思いませんか?

 

「自分の能力でどう勝つか?」を常に考える登場人物たち

他人の能力を羨むよりも、自分の能力でどう戦っていくのかを常に考えている。

呆れるほどに、そして呼吸をするように当たり前に、ジョジョの登場人物は須らくポジティブです。

そして主人公も敵キャラも、自分自信を最後まで信じています。

だからこそ敵キャラもあそこまで輝いているのではないかと思います。

 

これはきっと荒木先生が”そのような考え方”を、ご自身の根底にお持ちでいらっしゃるからじゃないのか?とも思いますが。

 

現代は他人との比較がしやすく、つい誰かと比べて自分を下に見たり、また一方では他人を見下したりする人もいます。

そのようなことをする必要などなくて、自分の能力を信じ、伸ばし、生かせば良いのではないかと思います。 

 

ジャンケンに例えるジョジョの面白さ

最後に、私の友人がジョジョに関して、とても面白い解釈をしていたので紹介します。

 

ジョジョの戦闘描写の面白いところって、じゃんけんに例えると…

自分はグーしか出せないんですよ!

 

グーしか出せない自分が、相手にどうやってチョキを出させるのかを常に考えて戦っているんです。

 

自分の出せる能力を最大限に生かして戦うから、どのキャラクターも魅力的に見えるなと、僕は思うんです。

 

すごく的確なたとえで、面白いと思いました。

 

ちなみにこの話は、友人同士で

「ワンピースってすごい人気だねー。」

…という話をしていたときにふっと出てきた言葉だったのです。

 

彼はワンピース式の戦い方とジョジョ式の戦い方の根本的な違いを説明する時にこの話をしていました。

 

実はあまりジョジョと関係のないところで出てきた一言だったのですが、彼の解釈もとても示唆に富んでいました。

今回の記事を書くにあたってとても頭の中がクリアになるきっかけをくれた一言でした。

 

自分の能力でどうやって戦っていくのかを考えることは楽しい

誰しも完璧な能力を持っているわけではありませんし、私は「完璧な能力を持っている人」なんてこの世にいないと思っています。

 

能力は一つだけではないのですし、能力の掛け合わせ活かす場所によって爆発的に飛躍することもあると思います。

それは何かしらの挑戦をしないことには見つけられませんし、多くの挑戦と失敗によって生み出されていくものだと思います。

 

後日談:言及いただけました〜!うれぴ〜!!

この記事を書いた後日、ありがたいことにid:inspirexさんより言及を頂きました。

inspirex.hatenadiary.jp

ありがとうございました。言及をいただけて、本当に嬉しかったです!

 

この記事の中でinspirexさんは

キリューイン花枝さんは、ジョジョの登場人物について、下記のように評されます。

 

ジョジョの登場人物は他人のスタンドを羨ましがらない

・登場人物たちは「自分の能力でどう勝つか?」を常に考える

・ジャンケンに例えると、グーしか出せない自分が、相手にどうやってチョキを出させるのかを常に考える

 

 

この発想はなかったです。

自分は能力を考えるときに、自分の能力の「絶対値」をどうやって高めるか、ということを考えていました。

http://inspirex.hatenadiary.jp/entry/2016/12/28/201102

 

「絶対値」を高めることも大切なのですが、いくら絶対値を高めて史上最強の「グー」になることができても、相手が「パー」をだしてきたら負けてしまいます。

 と書かれていました。

 

実は私も「自分の能力の絶対値をあげなきゃ…!」と思っていた時期がありました。もちろん、そのような時期はどこかでは必要なのだと思います。

 

ただ、私は

  • 長く現役で居続けること
  • なにをもって自分が「納得」できるか?

…を考えると、自分の能力よりもその能力をいかにして発揮するのか?

ということを考えたほうが、自分の能力と正面切って向き合っていけると考えました。

 

inspirexさんがおっしゃるように、この世界はありがたいことに…ジョジョのように"負けること=ゲームオーバー"ではありません。

トライ&エラーが許されるこの世の中で、貪欲に独自の戦い方や勝てるフィールドを見つけて行こうではありませんか!

  

後日談・その2:知り合いがこのブログ読んでて指摘された!

これはブログ外の、オフラインでの話です。

たまたま知り合いになった人(仮にAさん)に、私はこのブログのエントリのような話を熱弁していました。

 

そのAさんは私のこのジョジョの話を聞きながら

「あれ?この話、昨日たまたま読んだブログと似ているな〜…。」

と思ったそうです。

(そんなことも知らず、私はどんどんしゃべり続けています。)

 

そして私がひとしきり話終わった後、最終的にAさんがたどり着いた結論が

「あっ……昨日読んだブログの人…多分、今目の前にいる人だ…!」 

と、ブログの世界と現実世界がリンクしたそうです。

 

 

いろいろ面白いことが重なったので、この記事はお気に入りです。

 

こんなことも書いています

★どうやって戦うか?を考えてアメリカから帰国した一年前

www.hanae-chiritote.com

 

★自分の能力で戦う、ということに少しつながる内容

www.hanae-chiritote.com

 

★個人的に大好きなTEDスピーチ

www.hanae-chiritote.com

 

★ちなみにこのジョジョ記事は、ドイツのハンブルクにいるときに考えたことでした

www.hanae-chiritote.com