読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花の枝にもちりとてちん 〜三味線ブログ〜

三味線の師匠がイラストを描いたり三味線について語ったり様々な趣味に走っているブログです

Celleのクリスマスマーケットへ行きました

雑記 雑記-旅行

f:id:hanaekiryuin:20161213091155j:plain

こんにちは、花枝です!

 

引き続き、ドイツで居候生活を楽しんでします。

 

今回はハンブルグからちょっと足を伸ばしまして、Celleという町のクリスマスマーケットを見に行きました。

 

 

なぜか有名なドイツのCelle

私が「Celleに行くよ〜!」と言うと、Host fatherは

「ええ、本気かい!?あんなところ何もない…ただの小さな町…いや、村だよ??!!

 

…と、おっしゃるのですが、Celleの町並みはなぜか日本人に大人気。そりゃそうです、こんな町並みが広がっているのですから。

guide.travel.co.jp

まるで童話の世界でしょう?!

まあ、「村」というhost fatherの指摘は正しいかもだけどよ!!!

 

 

ハンブルグから列車で90分ほどのCelle

まるで「世界の車窓から」よろしく、ハンブルグからは列車でCelleまで行きます!

ハンブルグ中央駅にて切符を購入します。

f:id:hanaekiryuin:20161213092640j:plain

<購入したチケット>

お値段は往復で一人15ユーロほどでした。

ハンブルグ中央駅の駅舎も綺麗でした。

 

 

 

ちょっとアクシデントがあって、到着が夜に…

本当は夕方の4時頃にはCelleに到着している予定でしたが、乗る列車を間違えてしまい、到着が6時頃になってしまいました。

f:id:hanaekiryuin:20161213093519j:plain

<Celle到着!>

 

もう日も暮れてしまっています…。

f:id:hanaekiryuin:20161213093702j:plain

<駅舎に貼ってあった町の地図>

 

 

クリスマスマーケットは駅から歩いて10分ほど

駅から町の中心地まで歩いて行くと、ポツポツと明かりが見えてきます。

f:id:hanaekiryuin:20161213093910j:plain

<駅からルートで入る、マーケットの入り口>

 

この暖かい明かり…気持ちが高ぶります!!

この通りを抜けると、伝統的な木造の家屋が見えてきます。

f:id:hanaekiryuin:20161213094122j:plain

<戦火を逃れた伝統的な木造家屋…!>

 

 

 

お腹が減ったのでソーセージで腹ごしらえを!

そういえばドイツに来ていたのにソーセージを食べていないな…!

ということに気づき、ソーセージを食べることに。

4ユーロほどだったかな。

それにしてもこのパンの小ささ…いや、ソーセージの大きさよ…!味はしっかりと肉の味がしておいしかったです。

 

f:id:hanaekiryuin:20161213094609j:plain

<カラメルコーティングされたアーモンド>

あとは甘いものも食べたかったので、カラメルコーティングされたアーモンドも買いました。これは割と日持ちがするので、食べきれなかった分はそのまま持ち帰りました。

 

 

実はそんなに広くない…程よい広さの町並みをぶらぶら

f:id:hanaekiryuin:20161213094811j:plain

<お店の明かりはついていますが、ほとんど閉店中>

実はCelleの町はそんなの広くないのですね。

(だから「村」って言ってたのかな?)

 

ですので、ぶらぶらと町歩きするにはちょうどいい広さでした。

f:id:hanaekiryuin:20161213094924j:plain

<いわゆる町役場的な建物だったそうです>

 

カフェで隣に座ったお兄さんにCelleの地図をもらいました。そのお兄さんたちはCelleで一泊すると言っていましたが、こんな素敵な雰囲気の町で一晩過ごすのは、とってもいい思い出になりそうですね!

 

f:id:hanaekiryuin:20161213095251j:plain

 

異様に日本人に人気の高い……と言われるCelleのクリスマスマーケットでした!

いやでもこの童話の世界そのものの町並みを見ていると、それにも納得です!