読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花枝の三味線ブログ〜小唄の師匠は考えた〜

土佐の高知で三味線の演奏・指導をしている花枝のブログです

学校生活と三味線とたまたま運の良かった私

こんにちは!実は三味線の先生やってる、花枝です。

 

前回の記事で、三味線を習い始めた頃の私のことを少し振り返って書きました。

 

www.hanae-chiritote.com

 

改めて感じるのは、やはり成人以前の習い事は親の影響を受けるものなのだなということ。

 

今回はもうちょっと続いて、高校時代と弟子入りを決めるまでの経緯を書きたいと思います。

 

初めての三味線のお稽古は「かぞえうた」だった

初めて先生の自宅兼お稽古場にお邪魔したのが14歳の春でした。

一回目のお稽古は三味線の持ち方から始まり、ある程度三味線を打つと、早速三味線の採譜から入りました。

 

いきなり採譜?

え?ハードル高くない?

 

…と、今は思いますが、その当時は自分の中に何の基準もなかったので、先生が言われるままに採譜をしました。とはいえ、採譜とは言っても五線譜への採譜ではないです。

三味線の譜面は縦書きなので、縦書きのノートに数字と漢数字での採譜でした。

 

f:id:hanaekiryuin:20161122110504j:plain

ひどい字の採譜ですが、これが一番最初の採譜でした。

(今はもうちょっとマシな字になっています。)

 

 

数曲の手習い曲の後、すぐに古典の曲に入った

その後数曲手習い曲という、いわゆるレッスン曲を数曲こなしたら、すぐに古典の曲の練習に入りました。

一曲の長さが15分ぐらいある曲で、常磐津の「廓八景」(くるわはっけい)という曲から始まりました。

 

ですので、中学〜高校時代はほとんど

「これ、なんの役に立つんだろう?意味も全然分からんし」

と思う様な曲を、とにかく何回も練習してこなしていました。

 

学生の頃って

「これに意味はあるのか?」

と思っても、なんとなく出来ちゃうことがすごく良いなと思います。今は学生相手でも取り組んでいることの意味を説明するようになりましたけど、意味が分からなくても取り組めるって、すごい体力があったんだなあと思います。

 

受験とかもそうですよね。

なんで受験すんの?とか思いながら、その先の意味も自分で吟味しないけど取り組めちゃう。これって体力ないとできないよ…と今になると思います。

 

 

高校卒業と弟子入りと困った進路指導の先生

私が卒業後の進路を「弟子入り」に決めたのは、高校一年の冬でした。

先生との話の流れで、「弟子入りという道もあるよ!」という提案を頂いたので、よく考えずに「じゃあ、そうします。」と決めました。

 

これで焦るのは進路の先生でして、今までそんな進路は聞いたことがない!と言われました。

「せめて大学ぐらいは出たらどうだ?」

とも言われましたが、私の様な中途半端な頭で入れる大学に行くぐらいなら、弟子入りしたほうがいいよ!

と思い、弟子入りが決まりました。

 

その当時の私は、とにかく人と同じことをするのが嫌でした。

進学とか就職には全く興味が湧かず(今思うと、「え?なんでだ?」とむしろ自分に対して疑問しか浮かばないんですけど)、弟子入りも

「就職でも進学でもない…なんか格好いいことだな、弟子入りは!」

ぐらいにしか考えてない、つまるところ深く考えられないアホやったというだけの話です。

 

 

今振り返ると先生の提案はぶっ飛んでた

当時の「弟子入り」という提案って、今振り返るとものすごくぶっ飛んだ提案かつ誰にでもできる提案じゃあなかったな…と思います。

 

同じ様なことをはてさて、その当時の先生の年齢になった私が18歳の高校生にできるかな?

…と考えても、多分できないと思います。

 

まず、自分がその道で食えていないと、オススメできません。

そして、弟子入りできる先生を知らないと、オススメできません。

ついでに、弟子入りするほどの親しさや交友関係がないと、弟子入りすらさせてあげられません。

最後に、弟子入りのメリットを知らないと、オススメできません。

 

弟子入りを提案の一つとして挙げられるというのは、その先生が持っている「力」によるものだったのだなあと、今になって思います。

だって私がしたことって

「はーい、そうしまーす。」

って鼻垂らしながら言っただけですからね。

 

 

ついでに親の懐の深さにも恐れ入る

今の時代は、ご両親がご子息ご令嬢の進路をとても心配されるようですね!

 

私がもう一つ運営しているブログでCRプログラムというアメリカのディズニーで一年間働けるプログラムの紹介をしているのですが、これに参加するのにも

「親が進路を心配していて、帰国後の進路が決まっていないと許可がもらえない。」

と、そのプログラムの受験生から聞いたことがありました。

 

少なくとも私はその受験生のご両親の元で育っていたら、弟子入りはできなかったと思います。

 

だってなんの保証もないんでっせ?

就職斡旋があるわけでもないし、学位が取れるわけでもないし!

 

私の両親は

「まあ、女だからなんとかなるだろう!女ならなおさら、手に職つけることが最優先だわい!」

と思っていたらしいです。

 

 

まとめ:弟子入りできたのは運が良かったからだ!

「弟子入りしていました。」

というと、十中八九

「すごいですね!」

「え?なんでですか?」

と返されます。

 

でもよく分かりました。当時のことを改めて振り返って、よく分かりました。すごいのは先生や両親などの私の周りの人で、私じゃないです。

なんでですか?と聞かれても「何も考えてなかったからです。」というのが精一杯です。

 

運が良かっただけね、本当に。

 

私の大好きな立川志の輔の落語「死神」で、最初のマクラに話す

「なんかよく分からないけど、ツイている奴がいる」

という話があります。

 


名作落語109 立川志の輔 死神

 

こういう人、いるんですよね。いるんですよ。

ツイてる奴って嫌な感じですよね、本当!

 

でも私の弟子入りは深い意味は何もなくて、「なんかツイてた」結果だと思います。

(ちなみにこの「死神」、最高です!!!!!お茶でもゆっくり飲みながら是非お聞きになって下さい!!!!!)

 

★前回のお話

www.hanae-chiritote.com