読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花の枝にもちりとてちん 〜三味線ブログ〜

三味線の師匠がイラストを描いたり三味線について語ったり様々な趣味に走っているブログです

頑張っているからといって報われるわけではない

雑記 雑記-映画

映画「ブリジット・ジョーンズの日記3」を観てきた。

1が好きで、2は未鑑賞。コリン・ファース見たさに行ったようなものだった。

 

大ヒットラブコメの待望の続編…

主人公ブリジットを演じるのは「シカゴ」でお馴染みのレニー・セレウィガー。

ブリジットはイギリスの女版うっかり八兵衛のような女性で、仕事でポカする、酒は飲む、ぽっちゃり体型で、お世辞にも美人とは言えず、余計な一言があって、ただし愛嬌はあって友人には恵まれている。

1では垂れ目の権化とも言えるヒュー・グラント演じるだらしない男に引っかかったものの、コリン・ファース演じるマークと最終的にスッタモンダで結ばれた。

 

当時の映画評価としては

「等身大の女性を描いたハートフルラブコメディ」

ってな評価で、メグ・ライアンだけがラブコメの女王じゃねえ!ってことを世間に見せつけたような映画だった。

 

初代から早くも15年、ストーリーはというと…

1から約15年の歳月を経て、この3が公開された。前作からは11年経過というから驚きだ!

内容をかいつまんで話すと、43歳になったブリジットはせっかく1で結ばれたマークと別れており、相変わらず誕生日を一人で祝うような女だった。が、どういうわけかイケメンの大富豪と恋に落ち、元彼のマークとも最接近…と思ったら妊娠しちゃった!あれ?どっちがお父さんか分からないよ??

…という内容だった。

 

 

ストーリー中の笑いにはそこそこ同意

感想は、ひとまずブリジットが幸せになってよかったが、序盤の下ネタの嵐はなんだ?!アラフォーの女性ってこんなエゲツないこと話すのか?!これがイギリス流か??!!というのにビックリした。

 

結婚すれば手に入るものもあるし、手放すものもある。結婚していないブリジットだって、「43にもなって独身だなんて、不安なの。」とはいうものの彼女が手に入れているものもあるのだ。

 

ただ、映画を見ている最中に思った。

「あ、この映画、きっと評価はあまり良くないだろうな…。」

案の定、映画のサントラを探していたら幾つかの映画レビューを目にすることになったので、気になったところから。

 

「なんでこんな魅力のない女がモテているのかがわからない!」 ?

まあ、「アラフォーがモテモテとか、こんなご都合主義のストーリ誰が喜ぶの?」と片付けられそうなぐらいご都合主義なのは百も承知だし、現実にはこんなこと起こりっこないって!というのは同意だが、忘れてはいけないのが”この世界は目に見えて不平等に出来ている”ということだ。

魅力とは相対的なものであって、その人の欠点(と思われる部分)が魅力に映ることも大いにある。「これこそが魅力的な女!」というものがモテれば誰もが納得ができるのかもしれないが、なんでこんなのが?と思う女がなぜかモテることもある。そもそも、これこそが魅力的な女などという見本などこの世にはない。

 

ブリジットは、マークにとってもジャックにとっても「足りない何かを埋めてくれる」女性だっただけ。マークとジャックが必要とするものを、ブリジットが持っていただけだ。それだけだと思う。その上で、マークとジャックがたまたまイイ男(と分類される男)だっただけじゃなかろうか?

 

幸せそうに見えるブリジットも「運のロウソク」を使っている

 元々世の中は不平等に出来ている。頑張っても報われないかもしれないし、魅力的になってもモテないかもしれない。それなりに生きている人がトントン拍子に幸せになることもあるし、何もしていなくても事故のように不幸にエンカウントすることもある。

世の中には自分の力が到底及ばぬところがたくさんあるってことよオ。

 

古典落語の「死神」という演目がある。

その中で死神は、人はそれぞれに持つ「運のロウソク」を使い果たすと人は死ぬ…。と話す。主人公の源兵衛を見て死神はこう言う。

「金持ちに生まれるときも…美男美女に生まれるときも…大きく運を使う…………その点お前はあまり運を使っていない…。」

ブリジットもどこかで運を使って、どこかで運を使わないでいる。