花枝の三味線ブログ〜小唄の師匠は考えた〜

高知で三味線の演奏・指導をしている花枝のブログです

女子と書いて、なんと読む?「おなご」と言ったら怒られたよ。

25歳もとっっくに通り過ぎた私ですが、こんなニュースを見つけました。

 

news.livedoor.com

 

「女子」

女子とはいつ頃から流行り出した言葉でしょうか。

わたしのPCは”女子”と入力すると”女子十二楽坊”と勝手に先回りしてくれます。でも、女子十二楽坊が流行っていた頃って、皆そんなに「女子」「女子」って使ってましたっけ…?

しかも今「女子」と入力すると、「女死」と変換ミスする始末です。「このPCがアカンのちゃう?」と、心の中の関西のおばちゃんが言うのです。ちなみにそのおばちゃんは女子じゃありません。おばちゃんです。

 

「今日からあんたは女の子じゃない」
「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」
「カワイイという武器はもはやこの手には、ない」

 

と、CMではそんなやりとりがあったのですね。

そういったやりとりを「女性蔑視」だと考える人もいるようです。

 

女の子じゃない、カワイイという武器は使えない、チヤホヤされない

まったく、現代の三重苦かと思います。

 

ですが、女性の人生の中で「女子じゃない」「カワイイという武器が使えない」「チヤホヤされない」時期の方が、断然長くなるんです。

 

そんな時、じゃあどうやって生きてくかな?って考えるのが「女性」です。「女子」は基本的に自分への評価を他人に任せっきりにしているので、そこで苦戦します。

 

 

女子という年齢じゃなくても十分に「カワイイという武器」を勇猛に使いこなす猛者もいます。しかも装備レベル500ぐらいで戦っていたりするので侮れません。

同様に、女子という年齢やカテゴリから規格外に離れていても「チヤホヤされる」猛者もいます。不思議ですけれど、そういう人、いるんです。

 

女性になってからが「これからが本当の戦いだ!」ってなっちゃうんですからね。そしたらそこで「◯◯先生の次回作にご期待ください!」ですよ。次回作に期待しましょう!でも先生はあんただよあんた!